投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


平成29年度 第4回剣道 形・学科講習会並びに第4回剣道定例段位審査会に関して

 投稿者:畦地 靖也(渉外)  投稿日:2018年 1月15日(月)18時04分5秒
  表題に関して連絡させていただきます。
形・学科講習会
日時・場所 2月23日 (金) 19時~20時半 京都市武道センター会議室 (受付 18時半~18時50分)
                           24日 (土) 13時~17時 補助競技場
                           25日 (日) 9時~12時 武徳殿
受講資格 京都府剣道連盟会員(平成29年度会費納入済みの方)のみ
受講料  受審段位が初段~三段 3000円        四段、五段 5000円
要項を確認したい方もしくは参加を希望される方は1月25日までに畦地(ku.kendo.shogai@gmail.com)までご連絡ください。

定例段位審査会
日時・場所 3月21日(祝日) 受付 午前8時10分~50分 開会式 午前9時
                     京都市武道センター主競技場
受審資格
京都府剣道連盟会員(平成 29 年度会費納入済みの者)であり下記の条件を満たす者
(1) 初段 一級受有後 60 日を経過した、満 13 歳以上の者
年齢基準は審査日当日とする。
(2) 二段 初段受有後 1 年以上修業した者
(3) 三段 二段受有後 2 年以上修業した者
(4) 四段 三段受有後 3 年以上修業した者
(5) 五段 四段受有後 4 年以上修業した者
※二段以上の修業年は現段位取得月が基準。(同月なら受審できます。)
審査料並びに登録料
初段 審査料 3240円 登録料 5184円
二段 審査料 3780円 登録料 8424円
三段 審査料 4320円 登録料 13176円
四段 審査料 5400円 登録料 16200円
五段 審査料 6480円 登録料 24840円
※登録料の支払いは閉会式で登録料払込取扱票を受け取ってください。(10日以内に振込を行ってください。)
参加を希望される方、要項を必要とされる方がおりましたら、2月5日までに畦地(ku.kendo.shogai@gmail.com)までご連絡ください。
また、3月18日に福知山にて審査会(初段~三段)が行われます。
京阪神定期戦と重なるため、現役は参加できませんが、参加を希望されるOB・OGの先輩がおられましたら、別途畦地までご連絡ください。
※第4回剣道定例段位審査会に参加される方は受審できません
 

明日の自主練につきまして

 投稿者:市木 佑樹(主務)  投稿日:2017年12月22日(金)18時20分25秒
  明日23日の自主練につきましてご連絡致します.
ホームページの予定表にもありますように,明日の自主練は14時から15時までの1時間となっております.
通常とは異なりますので,参加をお考えの方はご注意ください.
 

第66回全日本都道府県対抗剣道優勝大会予選会につきまして

 投稿者:畦地(渉外)  投稿日:2017年11月29日(水)15時39分12秒
  表題に関して連絡させていただきます。

日時:平成30年1月21日 日曜日 午前9時より開始(受付時間 8時30分~)
会場:京都市武道センター 主競技場

出場選手資格及び選出方法
(1)一般財団法人京都府剣道連盟男子会員(平成30年度も引き続き会員であること。)

(2)OBの先輩におかれましては、以下の区分の中から各々該当する部門での参加が可能です。
5将...年齢18歳以上35歳未満の、警察職員・教職員・高校生・大学生を除く(非常勤講師・大学研究生・大学院生・専門学校生は可)
中堅...教職員(年齢制限なし)
3将...警察職員(年齢制限なし)
副将...年齢35歳以上 警察職員・教職員を除く
大将...年齢50歳以上 剣道教士7段以上

(3)年齢基準は大会前日(4月28日)。高校・大学・職業の資格基準は、大会当日(4月29日)。

(4)出場できる都道府県は一ヶ所とし、違反した場合出場取り消しとなります。

(5)健康であると認められた者。

(6)トーナメント戦、またはリーグ戦を実施し各区分代表選手1名を決定する。

参加をご希望される方もしくは要項を確認したい方は、12月9日(土曜日)までに畦地までメール(ku.kendo.shogai@gmail.com)でご連絡ください。
 

関西新人速報

 投稿者:福田(一回生)  投稿日:2017年11月26日(日)16時56分28秒
  本日行われました、第三十回関西学生剣道新人大会の結果を報告いたします。
女子個人
中下選手  二回戦敗退
田添選手 ベスト16
藤吉選手 三回戦敗退
男子団体 三回戦敗退
以上の通りとなりました。なお、女子個人戦優勝は東畑選手(天理大)、男子団体戦は立命館大学となりました。
本日お忙しいなか応援にお越しくださった先生、先輩方ありがとうございました。
なお、詳細は近日中に掲載します。
 

第30回関西学生剣道新人大会につきまして

 投稿者:猿渡 功己(副務)  投稿日:2017年11月25日(土)21時21分13秒
編集済
  明日の全関新人の試合順と応援席の割り当てにつきましてご連絡申し上げます。

男子団体
1回戦 対奈良大学 第4試合場1試合目

女子個人
中下 三原(大経大) 第7試合場16試合目
田添 後藤(大院大) 第6試合場6試合目
藤吉 越水(奈教大) 第8試合場21試合目

また、応援席は本部席向かって手前側の一番右、前列のブロックです。

先輩方におかれましては、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

以上です。
 

冬季剣友会懇親会会場の変更につきまして

 投稿者:市木 佑樹(主務)  投稿日:2017年11月23日(木)08時15分45秒
  冬季剣友会懇親会会場の変更につきましてご連絡申し上げます。

懇親会会場に予定しておりました吉田食堂を他団体が使用することになり、生協より会場を変更するよう提案があったため、南部食堂(医学部構内・南部生協会館内)にて懇親会を行うこととさせていただきます。なお、懇親会の開始時刻は 12月3日(日)17時10分ごろを予定しております。奮ってご参加いただければ幸いです。

先輩方におかれましてはお間違えの無いようよろしくお願い致します。
急な変更となりご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます。

以上です。
 

京滋新人大会速報

 投稿者:福田(一回生)  投稿日:2017年11月19日(日)18時59分53秒
  本日行われました、第48回京滋学生剣道新人大会の結果をご報告いたします。

男子個人戦
熊崎選手 3回戦敗退
小西選手 3回戦敗退
井口選手 2回戦敗退
久保選手 2回戦敗退
西田選手 2回戦敗退
門田選手 2回戦敗退
足立選手 2回戦敗退
畦地選手 2回戦敗退
野口選手 1回戦敗退
坂田選手 1回戦敗退
大道選手 1回戦敗退
福田選手 1回戦敗退

女子個人戦
藤吉選手  1回戦敗退
水上選手  1回戦敗退

男子団体戦
Aチーム  1回戦敗退
Bチーム  2回戦敗退

女子団体戦
2回戦敗退

以上の通りとなりました。なお、男子個人戦優勝は丸山選手(立大)、女子個人戦優勝は塚本選手(同大)、男子団体戦優勝は立命館大学A、女子団体戦優勝は立命館大学でした。
本日はお忙しい中、審判、応援にお越しいただいた先輩方、ありがとうございました。
 

冬季剣友会当日のスケジュール変更につきまして

 投稿者:市木 佑樹(主務)  投稿日:2017年11月15日(水)15時24分14秒
  先輩方からご要望がありましたため、冬季剣友会当日のスケジュールを下記の通り変更させていただきます。

冬季剣友会
2017年12月3日(日) 京都大学総合体育館第二武道場

12時00分 現役アップ
12時30分~13時30分 OB・OG・現役稽古
13時40分~15時20分ごろ 現役部員 対 OB・OG 対抗試合
15時30分~15時50分 OB・OG・現役稽古
15時50分~16時30分 OB・OG稽古
17時10分ごろより 吉田食堂にて懇親会

先輩方におかれましてはお間違えのないようお願いいたします。

以上です。
 

引き継ぎの挨拶

 投稿者:吉野魁人(新主将)  投稿日:2017年11月 5日(日)13時28分52秒
  本日より主将を務めます吉野魁人です。引き継ぎのご挨拶を申し上げます。

昨日の東大戦では敗北の悔しさを味わいました。その一方で、京大剣道部で四年間稽古をしてきた先輩の実力と気力を目の当たりにもしました。全部員が来年こそは勝つとの思いを持ったはずです。私自身も藤田前主将が育ててくれた部を引き継ぎ、さらなる躍進を目指すという決意をより強固なものにしました。

また、こういった引き継ぎがこれまで幾度も行われた結果として今の京大剣道部があると思うとその歴史の長さ重さがどれほど有難いものであるかわかります。この恵まれた環境に感謝をすると同時に、これからの一年間をOBOGの先輩方をはじめ関係の皆様にご協力を賜り、それに報いることが出来る一年間にしたいと考えております。七帝戦、関西大会、東大戦での勝利を求めるとともに、心技体すべてにおいてより強い部を目指し真摯に取り組みますので、ご支援をよろしくお願いします。
 

引退のご挨拶

 投稿者:藤田浩介(前主将)  投稿日:2017年11月 5日(日)10時00分17秒
  昨日の東大戦をもって剣道部ならびに主将を引退しました。
まずは、今年度剣道部を支えてくださった皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。
東大戦ではたくさんの先輩方、関係者の方に応援に来ていただきました。ありがとうございました。

私の力が及ばず、残念ながら男子は勝利することができませんでしたが、後輩の非常に頼もしい姿を見ることができ来年以降の剣道部の躍進を予感させる試合だったと個人的には思っています。

次期主将の吉野、副主将の渡部は実力、稽古への取り組み、ともに申し分なく剣道部を引っ張り、いい戦績を残してくれると期待しています。

私自身、学生コーチとして剣道部に携わることになります。力不足ではございますが精一杯後輩たちのサポートをしていきます。

剣道部に入部したこと、また一年間主将を務めさせていただいたことで非常に貴重な体験をさせていただくことができました。ありがとうございました。
 

/97