teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/57 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

計算式

 投稿者:Y.Nメール  投稿日:2005年 9月 3日(土)12時47分38秒
  通報
  水酸化ナトリウムの計算式です。
まず、0%のとき
水200g:NaOH0g

水溶液を2g捨てて、NaOHを2g
これで1%
水198g:NaOH2g

水溶液を8.0808…g捨てて、NaOHを8.0808…g
これで5%
水190g:NaOH10g

水溶液を10.5263…g捨てて、NaOHを10.5263…g
これで10%
水180g:NaOH20g

水溶液を22.22222…g捨てて、NaOHを22.22222…g
これで20%
水160g:NaOH40g

合計がa(g)になるように、溶液中にb(g)の物質を溶かし込み、
濃度c%をd%にするとき、
{c/100×(a-b)+b}/a=d/100
という式になります。
これをbについて解くと、
b={a(d-c)}/(100-c)
となります。
実験ではa=200なので、
b={200(d-c)}/(100-c)
となります。この式に当てはめていけば、水溶液を使いまわせます。
水酸化ナトリウムがあまり無駄になりません。
なお、この場合bはNaOHですので、水酸化ナトリウムを加えることで
濃度を変化させます。そのため、失敗して入れすぎてしまった場合は、
bを水として計算し、水を加えてください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/57 《前のページ | 次のページ》
/57